【1789-バスティーユの恋人たち-】勇気Ver(かーねねまさおVer)の方が好き、、、だ!!!

先日、ミュージカル界の新プリンスことゆんさん(古川雄大さん)が下町ロケットに出演するとネットニュースで話題になっていましたが!!ゆんさんからにじみ出る高貴な雰囲気から作業服の似合わないこと似合わないこと!笑
下町ロケット、ガウディ編から観てないけど、録画はしてあるのでゆんさん登場から観よ~~~( ˘ω˘)♫

そういや下町ロケットといえば、前シーズンでも山崎育三郎さんが出演していらっしゃいましたよね!純粋にミュージカル界枠があるんだなぁ~~いいなこういうスターダム的なやつ~~°.*\( ˆoˆ )/*.°とか思ってたけど、よくよく考えれば、2人事務所(研音)同じやん。なんだ事務所枠か。と勝手に深読みして勝手にがっかりしてしまいました、たんしおです。今回、前置きが長くなっちゃったな。笑

勇気バージョンのほうが好き、、、だ!

さて、本題。ようやく2パターン観終えました!!!なんだろう、やっぱり1789という作品が大好きだなぁ、、、という気持ちでいっぱいです。

好きすぎて歌はもはや全部歌えます。あとはセリフを覚えてしまえば、ひとり1789ごっこができますね・・・♪♪(●^∀^●)♪♪(一人っ子の一人遊びスキルの高さ発揮。笑)

今回観た、勇気Verの役替り組み合わせはこちらです。

■ロナン:加藤和樹
■オランプ:夢咲ねね
■マリー・アントワネット:龍真咲

まだ1回ずつしか観てないのにどっちが好きって断言するのはとっても浅はかなことはわかっているんですが、暫定でね、暫定では、勇気バージョンのほうがカット割りとか、アングルとかひぇぇってなることが多かった印象で、そういった意味で好きです!!!(結局ぼやかす。笑)

というか、役替りでこうもお話の印象とか他の共演者の演技が変わるのか、、、と衝撃を受けて、演劇って面白いなあと改めて思いました!!

メインキャストでいうと、勇気メンバー(呼び方錯綜中)は希望メンバーのてぺさやかなめと比べたら、テレビ的な知名度とか話題性とか世間の注目度には欠けてしまうんだけど。てぺさやって組み合わせががもはや尊すぎるしね。ある種のブランドです。(そんなふたりももはや既婚者ですよ、、、てぺさん結婚おめでとう!!!)
一方で、わたし的にはかーねねが醸し出す雰囲気がたまらなく好きなのです。てぺさやが創り出す世界観は少女漫画というか憧れ感を強くもつような組み合わせで、自分は物語の一傍観者という立ち位置で観ていたんですが、かーねねは、より現実的というか、自分がその物語に入り込める世界観を創り出してくれているように感じます。

というか単に、わたしが加藤ロナンが好きなだけでは?かーくんの熱く感情豊かなロナンとねねちゃんの強気なオランプの組み合わせとか、加藤ロナン→→→→←←ねねンプの両思いパワーバランスが好みなだけでは?とも思いますが。笑
ただ、加藤和樹様の恵まれた体格とお顔、そしてお声。はい、もうストライクゾーン。シンプルに好き。しかもこの方、芸達者でもあるんです。出張ラーメン(二郎を愛してやまなすぎて、アウトデラックスに出演する始末)もしてるし、こんなにミュージカルひっぱりだこなのに声優業にも勤しんでいるし、運営スタッフか??ってくらいの情報伝達がずば抜けて早いし。公演期間中のSNS更新を通して、「この方はなんとファン思いのお優しい方なんだろう、、、この方のファンになってしまった暁には底なしの沼にハマってしまいそう、、、」と、わたしのなかではガチ恋まっしぐら俳優と話題です。笑

ちなみに、わたしは勇気メンバーの組み合わせを劇場で観ていて!ただ、この頃はまだねねちゃんとまさおさんが宝塚出身ってのを知らなかったんですよねぇ。終わった後しばらくしてから知るっていう、このエピソードがすでに懐かしいです。(今年の話です。笑)

さて、ここからは勇気バージョンの好きなシーンを紹介します。




革命の兄弟

まず、このお歌が良い!!!!!東宝版に書き下ろしてくださって本当にありがとうございます(`;ω;´)そしてその歌を歌う高身長イケメンたちが罪。存在が罪!

りょんロベピ×加藤ロナン×大ちゃんカミーユ、この3人の並び、そして革命の兄弟が本当に好きです。強い、強すぎるんですよ~、、加藤ロナンの絶対農民じゃない感と滲み出る強い生命力、りょんロベピのこの頃はまだ人生イージーモードぼっちゃま感(笑)と、大ちゃんカミーユの甘いマスクから想像もつかない美声。あんなに広い帝国劇場の舞台をたった3人でのっとってる感がね~~~、たまらないんです。

てぺさんVerもそれはそれでもちろんいいんだけど、どうしても身長が可愛い感じが気になっちゃうんです。(ごめんなさい。笑)

パレロワイヤル

これはもう理央ダントンの独壇場ですよね。歌声はパワフルでキャラが濃くでてるし、歌は落ち込んでる気分も一瞬で晴れやかにしてくれる!!!自由が生み出すパワーってこんなにも活き活きしているということを教えてくれる一曲です!

思わず、なんでここにはロベピがいないの?!っていつも思っちゃうくらい楽しそうな場面です。わたし個人としては、ロベピもパレロワイヤルでわちゃわちゃしてるのを観たかった〜って嫉妬してしまう場面でもあるんですが。笑

希望バージョンを観たときに、わたしの好きな全体の振り付けが、寄りで収録されてることに思わず愚痴ってしまいましたが、勇気バージョンではちょっと引きになってたので嬉しかったです((o(。>ω<。)o))笑

誰のために踊らされているのか

希望バージョンの誰踊とはまた違ったアングルで。なんか勇気バージョンのほうがマイケル・ジャクソン感がでてて好きでした!(伝わらない表現。笑)

お歌も、いい意味でミュージカルぽくなく、アーティスティックに歌い上げるりょんロベピがたまらんのです!!!!
そしてここのりょんロベピのベストスタイルが大好き!!!お尻が小さい!足が長い!つまりスタイルが良い!!!!スタイリッシュすぎる見た目なのに、歌いだすと革命に対する熱い思いが溢れ出ているのを存分に感じれます!!

あとここで忘れちゃいけないのは、序盤の指を擦り合わせる仕草!!!!その仕草がなにを表現しているのかはわからないけど、いいんですよねぇ。(誰か教えて下さいm(_ _)m笑)

憎めないヴィランズたち

ペイロール様は始まりのお歌からすでによいし、りょんロベピのお顔を大胆に踏んづけてくれるし。(結構好きなシーンです。笑)アルトワ伯様は私は神だって歌ってるし(これも好きなお歌)、悪役という立ち位置でもどこか魅力的に見えちゃうんです。しかも、衣装が素敵!!!!客席からは確認しきれなかった衣装の細部まで見れるのは大変ありがたいですよね(ᵔᵕᵔ˶)♡
ここまでは両バージョンで確認できますが、勇気バージョンでいうと、王室側をヴィランズと取るならまさおマリーも忘れてはいけないです!まさおマリーの登場のお歌から素晴らしく、にじみ出る高貴な振る舞いが素敵でした。。。かつて宝塚の男役トップスターとは全くわからないほどの優雅な動きや目線に客席からうっとりしてたのも覚えています。

まさおマリーと比べると、かなめマリーとはまた一味違ったマリー・アントワネットを演じていらっしゃって。あえて区別するなら、かなめマリーはフェルゼンが好きな純粋な少女で、ただ恋をしているんだなぁという印象をもちました。一方で、まさおマリーはフェルゼンを愛している、愛してしまった、みたいな重めの愛を持ち合わせた昼ドラに出てきそうな、(わたし好みの)女性だなぁと思いました。(昼ドラ大好きマンなので。笑)
ルイジョセフのお葬式シーンでもまさおさんのほうが悲壮感がすごくて、何度観てもこの世のどん底感に涙を誘われるんですよね。幸せと絶望のメリハリというか、高低差というか、表現力の振り幅に脱帽です。

どちらも2人のマリーの表現の違いはとっても興味深いものがあるので、もっとじっくり見比べようと思います。ホントはテレビ2台並べて同時再生したいくらいなんですが。。笑

語りだしたら止まらない、それが1789

気づいたら2000文字をゆうに超えておりました、、、長々と語ってしまいましたがまだまだ語り足りない不完全燃焼状態です、、、

総じて好きなシーンが多かったのと、組み合わせがわたし好みだったという理由だけで勇気バージョンの方が好き、、、と今回は言いましたが、2周目には意見が変わってるかもしれないです_(:3」∠)_それくらい何度も楽しめる、このDVDはスルメ物語です!!!これは断言できます。笑

特典映像についてもまだまだ語りたいので、また次回お付き合いお願いいたしますm(_ _)m笑

 

ランキングに参加しております!ぽちっとしていただけたら大変励みになります( ﹡ˆoˆ﹡ )♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇団ブログ人気ランキングはこちら
ミュージカルブログ人気ランキングはこちら


宝塚歌劇団人気ブログランキングへ