雪組『ファントム』役替りトーク(朝美絢・彩凪翔)が定期的に観たくなっちゃう今日この頃

昨日のタカスペ、、、楽しすぎました!( っ。•o•。 c )♡.゜この豪華な共演を観るために1年頑張ったんだなぁと思ったくらいです。(大げさ。笑)忘れないうちに感想をまとめたいんだけど、今はゆっくり噛み締めさせてください・・・笑

雪組『ファントム』役替りトーク(朝美絢・彩凪翔)

先日、ファントム役替りトークがPart1~3まで放送されましたね!!!(相変わらず亀反応ですが。笑)こんなにも画面いっぱいに美しいおふたりが並んでただ楽しそうにお話している+公演映像がうまくつなぎ合わされていて、それぞれの良さを十分に堪能できちゃう贅沢な時間でした。。。編集された方に、1000回のありがとうを伝えたい、、、

というか、私に至っては、動いて歌っている朝美シャンドン伯爵凪様ショレのビジュをちゃんと観たのが、タカニュの大劇場千秋楽映像だけだったので、もう、、、もう、、、どちらのパターンでも素敵すぎて何度見直したことか、、、!

役替りと聞いた時とお稽古に入った頃のふたりの印象ですが、あーさは、自分と凪様との役作りの違いが明確に分かるからそれが純粋に楽しみだったし、実際出来上がったときにこんなアプローチするんだ!!!とかこういう考え方もあるんだ!!って勉強になると思ったそう!あーさのショレのビジュアルは、もみあげにみんなにびっくりされたって!!確かに、わたしもびっくりしました( ゚д゚)!笑

一方凪様は、あーさが初めて演じる三枚目を楽しみにしつつ、自分との解釈の違いに勉強になったし、あーさとは違ったショレのキャラ設定にしようと試行錯誤したようです!!その結果、イケオジの見た目なのに怖がりのショレが出来上がったとか。あーさからは関西人特有の独特の間が素晴らしいと絶賛されておりました!!
シャンドンの役作りは下級生時代のフレッシュさを意識して演じているそうで・・・そんな、、、今の凪様にさらにフレッシュさが加わるシャンドン伯爵!?!?!絶対やばいですやん、、、観るときはある程度覚悟が必要ですよね、これは。。。ドキ(✱°⌂°✱)ドキ(わたしはそれを劇場では観れないのだけれども。涙)

違いもあれば、お互いの意見が一致しているところもあって…。
ひげを身に着けれれば、ひげマジックでショレになりきれるところとか、お稽古の休憩時間には2人で言われたことを共有し合ったり、役替り初日は2人で緊張したり、、、なんていう舞台裏のエピソードなんかも聞けたので、大変満足でございました!!!そして、なんだこのふたり、、、外見はふたりして完璧に美しいのに、なんだ内面はかわいいぞ、、、と何度目かわからない彼女たちのギャップにヤられるのでした。笑 きっとこの期間にふたりの関係性もより深まったのでは〜〜とか、ギャップがある難しい二役にお互い苦労したから、きっとお互いを支えに乗り越えてきてるんだぁ〜〜とか妄想に旅立つのでした、、、笑

ふたりの役への印象の違いもお話してくれるんだけれど、それに加えて合間にシーンを挟んでくださっているので。凪様のシャンドン伯爵の内側の衣装はピンクで、あーさシャンドン伯爵は水色なんだぁとか、(それすら知らなかった。笑)、ショレさんの衣装もぜんぜん違うし、ひげも違うし!!!お化粧も2人全然違うし、それによってバックグラウンドの見え方も違うなぁとか、歌い方とか、クリスティーヌのエスコートの仕方とか、、、いろいろな変化を楽しめました!そして、いいとこ取り感がすごいんだ。笑

あとは、、「このシーンでは何を考えてる?」とか「このときどんな気持ち?」とか、「この後はどうやって生きていくんだろうね?」とか…セリフには現れない感情の深い部分までをお二人でたくさん語ってくれてて、場面は同じでもそれぞれ感情は違ってたり、それも踏まえてみるときっと物語の幅が広がって楽しいなぁ~~と思いました。観劇前にこの番組でおさらいして、心情を理解してから観にいこうと思います( ^O^ )♪

わたしは、Aパターンは観れないけど(LVで見るつもり。強気)なので、生凪様シャンドン伯爵はお預けなんだけど(´;ω;`)Bパターンは行けるという幸せを噛み締めて!!!!存分に楽しんできます(((o(♥´▽`♥)o)))

でもまぁ、AパターンはBlue-rayなるでしょ~~~!!それでいてしかもしかも、Bパターンはスカステで全編放送するってツイでみかけて!!!!なんだと~~~!!おとなしく待ってれば、平和な心でどちらもみれそうですね!!!!!みなさま、楽しみに待ちましょうねぇ~~~~゚(゚´ω`゚)゚。ピー

ランキングに参加しております!ぽちっとしていただけたら大変励みになります( ﹡ˆoˆ﹡ )♪

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇団ブログ人気ランキングはこちら
ミュージカルブログ人気ランキングはこちら


宝塚歌劇団人気ブログランキングへ